デメリットが少ないワキガの治療方法

一口にワキガの治療と言っても、完全ににおいを消すのかある程度のにおいを抑えられれば良いのかという程度によっても治療方法が異なってきます。
治療方法も色々ありますが、近年注目を集めているものに超音波を使用したものがあります。



これはワキガの直接の原因であるアポクリン腺や間接的に関わっているエクリン腺・皮脂腺に働きかけ破壊、吸引をしていきます。



手順としては、まずわきの下の皮膚を数ミリ切開し超音波発生器を挿入します。


超音波を発生させワキガの原因である汗腺類を破壊、吸引して手術痕を1センチほど縫合して終了となります。



個人差はありますが30分程度で終了することができます。

この治療法のメリットとしては、従来の手術に比べ手術時間も短く身体にかかる負担が少ないことと、効果が高く再発の可能性が低いことがあげられます。



また、数ミリ程度しか皮膚を切開しないので術後の痛みや傷痕を気にする心配もなく出血もほとんどないことから感染症のリスクも低くなっています。



入院をせずに短時間で済ませて回復をしたい人におすすめの治療法と言えるでしょう。



しかし最先端技術の手術であるため取り扱っている医療機関が少ないことや、この手術に対して経験豊富な医師が少ないのが現状です。

超音波療法はワキガの手術の中では今一番デメリットが少ないとされています。



超音波は産婦人科で胎児の診断にも使用されていることから安全性も確立しているため、今はまだ少ないですがこれからどんどん増えていくと考えられます。



関連リンク

自宅でできる育毛ケアについて


髪が薄い、髪がよく抜ける、髪に艶が無くなった、髪が細くなったなど、男女問わずこうした悩みはよく聞かれることです。しかし対策やケアを怠ると、男性だけでなく女性も禿げてしまうことがあるのです。...

デメリットが少ないワキガの治療方法


一口にワキガの治療と言っても、完全ににおいを消すのかある程度のにおいを抑えられれば良いのかという程度によっても治療方法が異なってきます。治療方法も色々ありますが、近年注目を集めているものに超音波を使用したものがあります。...