ワキガ治療方法の種類

ワキガがといえば、男だけでなく女の人でもなりますし、なかなか話づらいことでもあります。



臭いがけっこう強烈な臭いがするため、満員電車の中やエレベーターのなかですと、目立ってしまいます。



ワキの臭いが嫌なので、お風呂に何回入っても、効果がありません。



時間とともに、また臭いが発生します。



ワキガのことで、病院に行くには、なんとなく嫌なものです。

しかし、最近では治療法も多いですし、治りますので病院に行くことをおすすめします。たくさんの治療法がありますので、説明したいと思います。

まず、最も効果があり、有名な方法ですと手術による方法です。

わきの下2cmから3cmを切開し、直接目で確認しながら、アポクリン腺やエクリン腺、皮脂腺を徹底的に取り除きますので、効果があります。

傷口もすぐに消えますので、安心できます。

また入院の必要ない日帰り手術ですので、忙しい人でも大丈夫です。



費用の方も保険がききますので、それほどかからないでしょう。あとは、レーザーを照射して、アポクリン腺を焼いていく方法があります。



体に負担がかからない点で、人気があります。



あと、ボトックス注射を打つ方法があります。

ワキの下にボツリヌス菌の毒を注射で打つことにより汗を出すときの伝達物質の分泌を一時的に抑えて汗の量を減らします。

しかしワキガよりも多汗症に向いている治療法です。


このように、さまざまな治療法がありますので、医師に相談してみてはいかがでしょうか。



関連リンク

ワキガの治療レーザー編


ワキガは、遺伝しますし、日本人より外国人の方が多いです。独特の臭いがしますので、周りの人に迷惑をかけてしまいます。...

気になるワキガの治療について


人間は汗をかくと匂いを発します。それは自然な事で汗を止める事はできません。...