ワキガ治療は手術がおすすめ

ワキガの臭いといえば、だれでも想像できると思います。
ワキガは何とも言えない独特の臭いです。会社などで、ワキが臭うとマイナスのイメージになり、なんとなく敬遠されがちです。なぜ、わきの下が臭うかといいますと、わきの下には、アポクリン腺が多く分布しています。


アポクリン腺からでる汗には、タンパク質やアンモニア、脂肪など臭いのもとになる成分が多く含まれています。それが、常在菌と混ざり分解されると、独特の臭いになります。

ようするに、アポクリン腺を除去することにより、わきの臭いが無くなるのです。ワキガ治療の目的は、臭いのもとになるアポクリン腺を除去することです。

アポクリン腺を完璧に除去すれば、二度と再生されませんので、安心です。
レーザーによる治療や吸引による治療ですと、アポクリン腺が残る場合があります。

汗腺の根っこの方に残っていますと、だんだん再生され、また臭いが出てきてしまいます。レーザーや吸引による治療は、体には負担がありませんが、完ぺきではありません。

もし、完ぺきにアポクリン腺を除去するには、手術が良いでしょう。


皮弁法という手術を説明します。局所麻酔をして、わきの下に数センチメスで切開します。
そして、皮をめくりあげて、目視で確認しながら。


アポクリン腺を1つ1つ丁寧に除去していきます。
1週間ぐらいで抜糸ができます。

保険がききますので費用も抑えられますし、レーザーと違って1回で済みますのでおすすめです。

















関連リンク

ワキガ治療はどのようにするのか


男女問わずワキガで悩んでいる人が、結構います。特に夏場は気にする人が多いと思われます。...

冬ならではの娯楽ならスキーツアーがお得


冬になり、スノーシーズンになると楽しみたい娯楽のひとつがスキーです。寒さを感じる時期になると、いろいろなツアーの広告が増えてきて、全国のゲレンデに行くことができるスキーツアーがたくさん出てきます。...